講師紹介

S&Sの講師陣は現役の声優陣!!

講師紹介

introduction

島本須美

高知県出身。桐朋学園芸術短期大学卒業。劇団青年座に入団。
その後女優として様々な舞台などに立ちながら、声優としての活動もはじめる。
日本を代表するアニメ映画・宮崎駿監督の『風の谷のナウシカ』ナウシカ役、『ルパン三世 カリオストロの城』のクラリス姫役はじめ、TVアニメでは『めぞん一刻』音無響子役、『小公女セーラ』セーラ・クルー役等、名作に出演。外国映画の吹き替えでは『スターウォーズ』のテレビ放送のレイア姫役など誰もが知る数々の名作に多数出演。現在はフリーで、アニメ『それいけ!アンパンマン』しょくぱんまん役、『猫のダヤン』ダヤン役、『銀魂』沖田ミツバ役、『名探偵コナン』工藤有希子役、NHK『探検バクモン』パンダラ等、その他様々な分野で活躍中。

講師からメッセージ

いつかは誰かの為に頑張る時が来ると思います。
自分の為に一生懸命になれる時は、今だけかも…。夢の実現するのはあなたの努力次第です。
私の授業では、各々の個性を爆発させて魅力的な声優さんを目指してもらえればと思っています。
頑張れ!!

田原アルノ(所属:ムーブマン)

東京都出身。洋画吹き替えを中心に活躍。主に落ち着いたキャラや悪役を多く演じるが、近年では老人や執事といった役もこなす。
アニメは『ONE PIECE』『名探偵コナン』『機動戦士ガンダム』『ドラえもん』『まじっく快斗』『ルパン三世』『NARUTO』『るろうに剣心』他。
洋画・海外ドラマは『オーシャンズ11』『シカゴ』『チャーリーズ・エンジェル・フルスロットル』『ミッション・イン・ポッシブル』『CSI』『24』『デスパレートな妻』『刑事コロンボ』シリーズ他。
CMは、東京ガス・エネファーム『電気ウナギイヌ』。ナレーションはBS『世界のドキュメンタリー』『現代の驚異』情報バラエティ番組など多数。舞台は、原典で平家物語を聴く会主催『平家物語の夕べ』、出雲市今岡美術館主催『平家物語』の解説と実演など多数。アルノの会を主宰し朗読会など研鑽を重ねている。

講師からメッセージ

『夢で終わらせないために』 先ず一歩踏み出してみましょう。それが"夢の実現"へのスタートです。理屈は後から…で大丈夫!!始める前にいろいろ思い悩むよりもチャレンジして体感してください。人間の声には凄いパワーがあります。そのパワーをたくさんの人々に届けるのが声優の仕事なのです。どんな仕事でも一人前になるのは大変ですが、日々の努力を積み重ねることによって"夢"に向かって着実に歩んで行けると確信しています。千里の道も一歩から!!

羽鳥靖子(所属:マウスプロモーション)

東京都出身。劇団未来劇場を経て、平成11年にマウスプロモーション(旧 江崎プロダクション)所属。
舞台は『今日、非別で』富良塾公演、日本・ニューヨーク・カナダ公演(平成3~13年)『千鳥が淵に行きましたか』『子を貸し屋』、他。
アニメは『桜蘭高校ホスト部』『ドラえもん』『お伽草子』『ナンとジョー先生』『ロミオの青い空』、外画は『キスショット』『ホテリアー』『That '70s Show』『氷海の伝説』『ダラス』『FBI』など多数出演。

講師からメッセージ

楽しい事は沢山あります「役者、声優」と云う仕事は。でも、考えられない様な努力が必要です。持って生まれた才能が有ったとしても、其処で努力を怠っていては、短い役者、声優人生で終わってしまいます。どうしたら楽しくお芝居、声優の仕事を出来るのか?それは、日々の勉強です。それを、人前で表現する事。自分では出来ると思っていても現場に行ったら、その自信はあっという間に喪失します。世の中には凄い役者、声優さんが沢山いらっしゃいます。その方たちとお仕事をご一緒出来る日が、1日も早く持てる様にお手伝い出来ると良いなぁと思ってます。人には長所と短所が必ずあります。長所を伸ばして、短所を少しでも、修正する事が出来る様にしたいと思います。息の長い役者、声優になって欲しい。私の願いです。

福田如子(所属:ベルプロダクション)

東京都出身。劇団朋友を経て、現在ベルプロダクションに所属。
外画は『ブーリン家の姉妹』『16ブロック』『しあわせの隠れ場所』『ファイアードッグ』『大王四神記』『エミリー・ローズ』『紅はこべ』『コールドケース』『デスパレートな妻たち』『ER緊急救命室』『クリミナル・マインド』『CSI』等。
舞台は『9人の女』『幽霊人命救助隊』『遊女夕霧』『ら・ら・ら』など多数出演。
現在ベルプロダクションのボイスドラマ企画では、演出なども手掛けている。

講師からメッセージ

私自身が現在、舞台やスタジオで経験している事が、これから現場にデビューしていく皆さんのお役に立てたらと思います。特に「言葉の伝え方」と「台詞の距離感」を一緒に模索していきましょう。

こぶしのぶゆき(所属:賢プロダクション)

京都府出身。高校卒業後から声優デビューまではサンライズにてアニメの制作進行をしていた。
アニメは『銀の匙』『涼宮ハルヒの憂鬱』『SHIROBAKO』『学戦都市アスタリスク』『BTOOOM!』『バッカーノ!』『鋼鉄神ジーグ』『CLANNADO?AFTER STORY?』『アイズピュアOVA』『ZOIDS ジェネシス』『それゆけ!徹之進』『夏目友人帳』『彩雲国物語』『半分の月がのぼる空』『名探偵コナン』、外画は『エアポートアドベンチャー』『セサミストリート』『キラータトゥー』等、多数出演。
TVは『大河ドラマ元禄繚乱(NHK)』『うしろの百太郎(TX)』『ナイナイのめちゃイケ!(NTV)』などに出演。

講師からメッセージ

「声優なんて簡単にはなれないよ」 そう言われた声優志望の人、多いんじゃあないでしょうか。 では、ここでもう一歩踏み込んで考えてみましょう。何故、簡単にはなれないのか?才能が有るか無いか? じゃあ、「何の」才能があればやれるんですか? 競争率が高いから? じゃあ大学生が、望んだ職業に就職するのと声優になるのでは、どっちが確率高いんでしょうか? 特殊な職業だから? 「何が」特殊なんでしょうか? 俳優として会話の演技をするのと、営業職に就いて顧客獲得の為に会話接客したり上司相手に企画プレゼンするのと、どちらを難しく感じますか? 声優、俳優というのは、『演じる職業』です。 「接客業」って、全く演じていませんか?素のままの自分で接客してる人、どの位いるでしょう? 先にも挙げました「営業職」って、全く演じていませんか?相手に、商品を買おう、契約を結ぼうと思わせる為に、何を考え、どう行動するでしょうか? …と、何をこんなに回りくどい言い方をしているのかというと、 『声優は特殊な職業ではない』という事が言いたいのです。
需要があって供給がある、よくある職業と同じなのです。 では、『声優の需要』とは? 現在、声優の養成所は星の数ほどありますが、 その多くは「発声や滑舌、演技力などの基礎を指導する」ものです。 声優を『職業』として捉え、その労働の本質を教えてくれる所はなかなかありません。 これは当然といえば当然です。 教えられるものではないからです。 でも、これを自分で意識をして身に付けようとしなければ、なかなか『プロ』にはなれません。 興味のある方、一緒に『職業声優』を模索してみませんか? 僕は、その「場」をあなたに提供致します。 後は、あなたの【意識】次第です。

野村須磨子(ぷろだくしょんバオバブ)

東京都出身。ぷろだくしょんバオバブ所属。
■外画『冬のソナタ』『マンマミーア』『ブーリン家の姉妹』『デンジャラスな妻たち』『セブンデイズ』『宮廷女官チャングムの誓い』『イ・サン』『火の鳥』『ハイジ インタウン』『シャーロック・ホームズ』『最強のふたり』『シティーハンター』『アメリカン・ホラー・ストーリー』『マトリックス・レボリューションズ』『ロード・オブ・ザ・リング』ERシリーズ
■アニメ『ちょこっとSister』『中二病でも恋がしたい』『名探偵コナン』『東京マグニチュード8.0』『冬の蝉』
■舞台『おりき』『越前竹人形』『君が人生の時』『見よ、飛行機の高く飛べるを』『近代能楽集』『兄帰る』『歌姫』『結婚の申込み』など劇団文化座時代を含め多数出演している。
他、語りや読み聞かせなど、多岐に渡り活躍。