ディレクターズワークショップレポート

2018年07月29日

 

今週は声優コース主催のワークショップWeekでした。

 

外画吹替えワークショップに続き行なったのは、
ディレクターズワークショップ。

 

なんと贅沢に、
2人のディレクターを講師にお招きしての開催。

 

メイン講師は、
『相棒は英国男子』(CV:鳥海浩輔 他)
『サシノミ!!』(CV:前野智昭)
その他様々なドラマCDやゲームを制作する
アイデアフラッドの斯波まや氏。

 

監修には、
大人気ゲーム『アトリエシリーズ』の制作を手掛け、
様々な養成所での指導も行う、
荒木潤子氏。

 

今回のワークショップは、
オーディションを想定したワークショップ。
始まるやいなや、
台本なし・考える時間なしに
自己PRとキャラクター台詞を披露することになり、
参加者の皆さんが緊張で頭真っ白になった様子が見受けられました(^^;)

 

しかし、突然の振りで、
緊張してうまくいかないという状況は、
審査員側は想定済みなのです。

 

そんな緊張の中で、
どれだけ自分を表現できるか!

 

こんな突然の振りにも、
緊張の中でも、
オーディションは自分の“売り”を
どれだけ伝えられるか。
更には、審査員側が今回何を求めているのか。
それを読み取る意識が必要なのです。

S_8615073509639

S_8615073522218

今回のワークショップで講師のお二方が仰っていた中で印象的だったこと。

 

「ワークショップも日常のレッスンも、全部オーディションなんだよ」

 

確かに。

 

ワークショップへの取り組み方や、
日頃のレッスンの姿勢・レッスンでの成果を、
講師やスタッフ、その他様々な現場に携わる人間が見ているわけです。

 

いつでも自分をプロモーションできる準備。
これは本当に重要ですね。
そして、自分を上手にプロモーションするには、
自分の強みも弱点もしっかり知っておく必要があります。

 

しかしながら、
「よしっ、自分を客観視しよう~!」
と思ってすぐにできたら苦労しません(笑)。

 

そこで、自分を客観視する訓練も同時にできるのが、
S&S声優コースの各クラスのレッスン!

 

今回このワークショップは、
S&S声優コースの在籍生はもちろん、
その他にも様々な方にご参加頂きましたが、
ワークショップ後には
「悔しい!リベンジしたい!」
という声を多く頂きました。

 

スタッフとしても、
この直後からのレッスンで成果を上げた生徒さんに、
またワークショップという名のオーディションに臨める機会を作りたいと思いました。

 

というわけで。
当S&S声優コースは、
一流の声優であり指導者でもある講師によるレッスンはもちろん、
スタッフのサポート体制にも自信を持っています!

 

まず見学や体験にいらして頂き、
クラスのレッスンの様子をご自身の目でご覧頂ければと思います(^^)
そして、見学・体験後のカウンセリングにて、
質問やニーズなど、すべてスタッフにぶつけてみて下さい!

 

あなたに合った道を、ご提案させて頂きます。

 

見学・体験・ご相談など、
お問い合わせはコチラから。
お待ちしております♪♪♪