演技・芝居への取り組み。

2017年07月21日

 

こんにちは!
S&S声優コーススタッフです。
本日2回目ブログ更新です♪

 

先日、俳優・演劇コース主催の『演技ワークショップ』がありまして。
私は取材も兼ねて、ワークショップを見学して参りました。

_20170715_164420

20170715_151736926

昼の部と夕方の部と、
二部構成のワークショップで、
私が見学したのは、
初心者や演劇関係の方以外も参加OKな一般の方向けの回で、
そちらの記事はS&S Entertainment Studioのブログに記事を書かせて頂きました♪

 

そして、俳優や声優など、
演劇人向けの夕方の部は、
俳優・演劇コース担当のスタッフが記事を書いておりますので、
併せてご覧頂けたらと思います(´▽`*)

 

演技ワークショップ~昼の部~
演技ワークショップ~夕方の部~

 

そしてですね、
実は、このホームページをご覧頂いている皆さんには、
もしかしたら私自身のブログに書いた内容の方が
響く内容となっているかもしれません…(;’∀’)

 

なので、僭越ながら、
私のブログに書いた演技ワークショップレポートも、
こちらにリンクを貼らせて頂きますね(^^;)

 

お芝居とコミュニケーションの関係。

 

アフレコのレッスンを見ていると、
口パクやタイミングを合わせることばかりに必死になって、
演技…キャラクターや映像の中の人物の心情や台詞の背景が、
発せられた、表現された声や台詞からまったく感じられないことがあります。

 

役を演じること。
役を生きること。

 

自分以外の何者かを演じ、
視聴者やお客様を楽しんで頂く仕事に就こうとするなら、
自分の経験や、自分の感情の動きを探求することは不可欠。
自分自身の探求さえできなければ、
自分以外の探求は到底難しいものです。

 

もし、「声」や「合わせること」ばかりに意識が行っていて、
「どう演じるか」
「どう役作りするか」
(↑声の作り方ではなくメンタル面で!)
に意識が向いていなかったかも?という方は、
メンタルを重視してみて下さいね(‘∀’)

 

そして何より、コミュニケーションが大事!
某有名声優が開いているスクールも、
声優志望の方が通われているスクールではありますが、
ご本人は「声優を養成する」よりも、
「人間を育てること」
「コミュニケーション能力育成」
に重点を置いていらっしゃる様子を先日動画で拝見しました。

 

そうですね…声優は特に、
自分にも、人にも興味がなくては、
自分以外の人物を演じるということはできないと思います。

 

そんな部分も含め、
S&S声優コースでは受講者の方々一人一人をサポートして参りますので、
まずは無料で見学・体験・相談承りますので
気になった方は下記お問い合わせフォーム、
またはお電話からご連絡下さいませ♪

 

☎03-3486-6502

お問い合わせフォーム

 

 

(スタッフより)